TOPICS

  • ラグの”ホールセール”のご案内

    news 2018.08.20

    ラグの”ホールセール”のご案内

    インテリアショップ「G.E.M」では、定期的にギャッベやトライバルラグ、ペルシャ絨毯などの買い付けにイランへ行っています。

     

    飛行機からの景色。。

     

    バザールの風景。

     

    今年で11年目になる当店ですが、開店当初から取り扱いをさせていただいているイランのハンドメイドラグ。

    それより以前にも、当店のオーナーが長年ペルシャ絨毯に携わる仕事をしていたという経緯もあり、今では「家具とラグのインテリアショップ」という形で店舗運営をしています。

     

    お客様の要望を受けてからの買付にも参ります!

     

    そもそも、イランのハンドメイドラグには、いくつか種類があります。

    1. GABBEH / ギャッベ
    2. TRIBAL RUG / トライバルラグ
    3. PERSIAN RUG / ペルシャ絨毯

    などです。。

    もちろん他にもあるのですが、まずは簡単に、それぞれどういったものなのかをご紹介!

    GABBEH / ギャッベ

    ギャッベとは、遊牧民たちが、自分たちが生活する中で編み出された敷物。

    家畜である羊の毛を刈り込み、そこから糸を紡ぎ、それを織って作り上げました。

    遊牧民は、季節などに合わせて生活する場を転々と移動します。

    住居も当然移動させるので、丈夫ながらも畳んで移動させることのできるテント式の家を使うのですが、座るところは自然と地べた。

    芝生の生い茂った場所なら良いのですが、そういった場所ばかりではないので、座っても痛くないように共に暮らしている羊の毛を使い、毛足の長いラグを作り出したのです。

    ギャッベには、「短く刈り込まれていない」などの意味がある通り、毛足が長く、目が詰まっていて、クッション性があります。

    近年、よく見かけられるようになった「ゾランヴァリ」のギャッベなんかがとても有名ですよね!

    当店では、上の画像のように、少し凝ったデザインのギャッベを多く取り扱っています。

     

     

    TRIBAL RUG / トライバルラグ

    トライバルとは、「種族、または部族」などの意味があります。

    ギャッベなどを作っていた遊牧民は1つの民族ではなく、多数存在していました。

    その部族には、元来、それぞれ独自の模様「ギュリ」というものがあり、その自分たちの模様を、ラグにも描きだしたのが始まりとされています。(所説あります)

    そのうちギュリだけでなく、様々な意味合いを含ませた模様をえがくことで、無地だったギャッベにアート性が加わっていきました。

    そうしてできたのがトライバルラグ。

    (便宜上こういった模様のイランのラグをこのように呼んでいますが、素材や品質、織り方はギャッベと同じです。)

    アメリカやヨーロッパでは、そのアート性だけでなく、土足で使用しても長年使えることから、広く親しまれています。

    リビングのラグとしてだけではなく、空いているスペースにポンと敷くアクセントラグとしての使い方もできるので、インテリアとしての幅も広がりますし、

    2枚と同じものがないデザインなので、自分の部屋らしさ、「オリジナリティ」も感じられます!

    ギャッベでは少し物足りないかなー、ギャッベを敷くと少しポップになるかなーと感じる方にはおすすめのラグです。

     

     

    ペルシャ絨毯

    「世界一のラグ」と言われているペルシャ絨毯。

    イランには専門の工房が数多くあるのですが、そこでプロの職人たちによって制作されている絨毯で、手織りとは思えない芸術性の高さと、品質の高さが最大の特徴です。

    ウールで作られるものと、シルクで作られるものがあり、サイズやデザインも様々。

    設計図をかくデザイナー、染色の職人、織る職人など、それぞれ専門の職人がおり、一枚の絨毯にたくさんの職人が携わっています。

    ギャッベやトライバルラグ、ペルシャ絨毯は、裏を見ると、細かな点々が集まって模様を形成しているのが分かります。

    この点々は、ひとつひとつが結び目で、点描画や、画素数と同じ原理。

    この点々がより細かく、より精密に配列されていると、表面に優美な模様となってあらわれます。

    ペルシャ絨毯は、この点々がとても細かいため、息を飲むほどの美しさが表現できるのです。

    メダリオンと呼ばれる中央のデザインは、イスラム教のモスクの天井画をモチーフにしています。

    詳細はこちらのブログにも。。

    ブログ【ペルシャ絨毯ってどんなもの?】

     

    こういった種類のラグを展示している当店ですが、この度、ホールセールにもご対応させていただくことになりました。

    ラグを取り扱いたい!、レストランやアパレルショップなどの店舗にラグを展示したい!そういった時は、お気軽にお問合せ下さい!!

    当店オンラインショップには現在少量しかラグの掲載ありませんが、多数取り揃えております。

    随時更新してまいりますので、お時間あるときにチェックしてみてください!!

    ラグの山。。

     

    イランのハンドメイドラグは、どれも芸術性が高く、機械織りのカーペットにはない深みのある味わいを見せてくれる、素晴らしいものたちです。

    また、すべて一点物で、同じものは2枚となく、オールド、ヴィンテージとなることで、より一層経年変化を楽しめる、丈夫で優れた品質も魅力。

    ですので自信をもって、ご提案させていただきます。

     

    その他にも、現在インフルエンサーにも注目されており、人気がふつふつと沸いてきている「BENI OUARAIN / ベニワレン」なども取り揃えております。

    壁面にベニワレン。テーブル下にはトライバルラグのコーディネート。

     

    また、インテリアショップをされている方々には、ラグの展示会もさせていただいております。

    それぞれのお店の雰囲気に合わせたラインナップで企画をご提案いたしますので、こちらも詳しくはお問合せ下さい!

     

    店舗TEL:052-861-1522

    メールアドレス:web@gallery-excellcence.com

  • 青いオブジェがやってきた!

    item 2015.09.17

    青いオブジェがやってきた!